エフアンドエス・エキスパート

055-979-8415

受付時間 9:00 ~ 19:00

損して得取れ!JALダイヤモンド修行

損して得取れ!JALダイヤモンド修行

今年はJALの「JAL Life Status プログラム」開始に伴い、2024年1月よりJALグローバルクラブ(以下、JGCと略す)の入会基準が大きく変わりました。JGCとは、JALグループが顧客に対し格別なサービスを提供する会員組織で、入会基準(条件)を満たすと入会申込書が送られてきます。

入会後は退会の申し出をしない限り、今後は搭乗実績に関わらずJGC/JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを所有している間は自動更新されます。ひと言でいうと「永久会員」です。

JGC会員になると「サクララウンジ」の利用が可能になります。その他のメリットなどはコチラをご覧ください。

羽田空港JALサクララウンジ(JALホームページより引用)
  • 1~12月までに獲得したFLY ON ポイント(フライオンポイント:以下FOPと略す)が50,000FOP(うちJALグループ便25,000FLY ON ポイント)以上、または搭乗回数50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FOP以上獲得
  • JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを所有
  • JALグローバルクラブ規約に同意
  • JAL Life Status プログラムにて、1,500 Life Status ポイント以上を獲得
  • JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを所有
  • JALグローバルクラブ規約に同意

JGCなんか関係ない!?ダイヤモンド・プレミア修行

しかし、JGCがJALにおける最上位ではありません。ステイタスプログラムにおけるステイタスランクは次のようになっており、1~3の基準を満たした方にJGC入会資格が付与されます。

  1. JMBダイヤモンド(S)
  2. JGCプレミア(S)
  3. JMBサファイア(A)
  4. JGCクリスタル(A)
  5. JMBクリスタル(A)
  6. JGCワンワールドサファイア(A)

このステイタスランクは「ランク」の名の通りサービスに順位があります。たとえば、当日のアップグレード空席待ちは(S)→(A)→(B)の順に呼び出されます。JGC会員は(A)に該当し一般の方は(B)に該当し、その種別の中で早いモノ勝ちとなり、JGC会員がいくら早く空席待ちをしても、種別(S)の人が後から空席待ちをすれば、権利の上位は種別(S)に移ってしまいます。

また、手荷物を預ける場合、飛行機を降りて一番にターンテーブルに荷物が出てくると嬉しいものですが、実はあの手荷物もステイタスランクにより出てくる順番が違います。まず最初に「FIRSTタグ」のついた荷物が出てきますが、対象となるのはファーストクラス、JMBダイヤモンド会員、JGCプレミア会員、oneworldエメラルド会員です。続いて「PRIORITYタグ」が付いた荷物となりますが、こちらは「ビジネスクラス、JMBサファイア会員、JALグローバルクラブ会員」が対象となります。私も一般会員だったときに「今度こそ一番に出てこい!」と毎回願っていましたが、仕組み上一番になど出てくるはずがなかったのです(笑)

さらには、ラウンジサービスも「サクララウンジ」よりも上位な「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」があり、提供されるドリンクやフード、設備が異なります。「ダイヤモンド・プレミア ラウンジ」に入れるのはファーストクラス搭乗者、JMBダイヤモンド会員、JGCプレミア会員のみで、JGCは対象外です。

こうなるとJGCではなくダイヤモンドやプレミアを目指したくなる!という方がいても不思議ではありません。ということでダイヤモンド修行やプレミア修行をする修行僧がたくさんいて、その方達にとってはJGCの入会基準などどうでもいいのです。

FOP修行のポイント

ダイヤモンド会員やJGCプレミア会員を目指すためには、1~12月の獲得FOPまたは登場回数で基準を満たす必要があります。

ダイヤモンド会員の達成基準(①②のいずれか)
①100,000FOP(うちJALグループ便50,000FOP)以上
②または搭乗回数120回(うちJALグループ便60回)以上かつ35,000FOP以上

プレミア会員の達成基準(①②のいずれか)
①80,000FOP(うちJALグループ便40,000FOP)以上
②または搭乗回数80回(うちJALグループ便40回)以上かつ25,000FOP以上

これはなかなか高いハードルで、羽田空港-新千歳空港のフライトで獲得できるFOPは普通席で966FOPですから、100,000FOPを達成しようとすると約104回の搭乗(つまり52往復)が必要です。もしも片道15,000円で乗れたとしても合計で156万円です。ビジネスでガンガン乗る人は良いですが、修行僧は用もないのにガンガン乗る(笑)のですから、少しでも安く済ませるためにはFOP単価を気にしながらチケットを取る必要があります。

FOP単価の比較

航空券の金額は、路線や日時、座席クラス、どれくらい前の予約なのかによって異なりますが、FOPは距離(マイル)と座席クラス、運賃カテゴリーによって決まります。つまり遠く良い席高い運賃設定で乗るほどFOPの獲得は増えます

以下に比較をしてみましたので参考にしてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: FOP.jpg

購入金額は2024年3月19日~3月20日の往復で試算しました。ちょうどいまJALの国内航空券タイムセールの最中ですので、安く航空券が変えた場合も比較の対象としました。

結果として一番FOP単価が低くなるのが羽田-那覇の往復セイバーです。仮に同金額ですべて航空券が買えたとする場合の総額も一番安くなります。同じ往復セイバーでも新千歳便とは比較になりません。

運賃カテゴリーが「プロモーション」となっているのがタイムセールで航空券を買った場合です。実はこの場合は獲得できるFOPが大幅にダウンするため、航空券の価格は安くてもFOP単価が上がってしまうのです。

さらには回数が一番少なく済むのがファーストクラスの利用です。羽田-那覇のファーストクラスを利用すると、FOP単価は普通席の往復セイバーに比べて3倍にはなりますが、回数が37回と圧倒的に少なく、しかも超快適に機内で過ごせて食事までついているのですから、お金で解決したい方には最適解と言えます。

また、割とバランスが良いのが羽田-那覇のクラスJです。普通席より広めのシートで快適なうえに登場回数も削減でき、購入金額もそこまで上昇しないのでお得かもしれません。

ということで修行僧である私もJALのタイムセールは無視損しているようで結果として得ですから、往復セイバーのクラスJとファーストクラスをたまに併用して沖縄に行ってきます!

お問い合わせ

Contact